歯周病治療|長与町で歯科をお探しの方は【むらとみ歯科医院】まで

095-865-6480
診療時間
9:00~13:00 -
14:30~18:30 -

休診日:水曜・日曜・祝日  :土曜午後 14:00~17:00
*祝日のある週の水曜は診療あり(午前9:00~13:00、午後14:00~17:00)

  • 地図
  • メニュー

毎日のケアと定期検診で歯周病予防を

こんな症状があれば、
早めにご相談ください。

  • 歯磨きすると、歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきの色が赤い、変色している
  • 歯ぐきがブヨブヨしている
  • 歯と歯に隙間ができ、食べ物がよく詰まる
  • 硬い食べ物が噛みづらくなった
  • 口臭が気になる、または周りに指摘された
  • 歯ぐきが下がり、歯が長くなった
長与町・むらとみ歯科医院

歯周病とは?

歯磨きが十分でないと、歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)には歯垢(プラーク)がたまっていきます。歯周病は、歯垢に繁殖した細菌による毒素によって、歯ぐきに炎症を起こす病気です。症状が進行すると、やがて歯を支える歯槽骨が溶けて歯がぐらつきはじめ、最終的には歯が抜けてしまいます。
歯周病は自覚症状がないまま静かに進行し、気が付いたときには手遅れ……ということも多く、日本人の約8割がかかっているといわれています。
歯周病の予防・改善には、正しい方法で歯磨きを毎日行うことと、歯科医院での定期検診やプロの手によるクリーニングで歯垢を取り除く「プラークコントロール」が効果的です。

全身疾患との関係

長与町・むらとみ歯科医院
近年、歯周病あるいは歯周病の原因菌が出す毒素が、全身の疾患に関わっていることがわかっています。細菌が出す毒素が血流に乗って全身を巡ることで、心臓疾患、脳血管疾患、動脈硬化、誤嚥性肺炎、糖尿病、早産・低体重児出産、骨粗しょう症、肥満など、さまざまな疾病を引き起こす原因になると言われています。
お口の健康を守ることは、身体全体の健康を守ることにつながります。歯周病予防、そして早期発見・早期治療に取り組んでいきましょう。

歯周病検査

歯周病の進行度を調べるために、歯ぐきの状態や出血の有無、歯と歯ぐきの間の溝の深さや歯のぐらつきなどを検査します。
※検査は保険適用となります。

長与町・むらとみ歯科医院

プロービング検査

プローブと呼ばれる先が細くなった器具を使い、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さや炎症状態を測定します。ポケットの深さがあるほど、歯周病が進行しているといえます。
長与町・むらとみ歯科医院

動揺度検査

歯科用のピンセットで歯をつまんで動かし、ぐらつきの度合いを測定します。ぐらつきが大きいほど歯周病が進行し、歯を支えている骨(歯槽骨)の破壊が進んでいる状態です。
長与町・むらとみ歯科医院

レントゲン検査

プロービングでは確認できない、歯を支えている骨の形態や破壊の度合いの状態を画像で確認します。

歯周病の進行と治療

長与町・むらとみ歯科医院

健康な歯肉

健康な歯肉はピンク色で引き締まり、歯ぐき(歯周組織)がしっかりと歯を支えています。歯磨きや歯周検査で針のような器具を使っても、出血することはありません。
このような歯肉の状態であれば治療の必要はありませんが、加齢や生活習慣によって常にお口の状態は変化しますので、定期的に歯科医院を受診することが大切です。
長与町・むらとみ歯科医院

歯肉炎

歯肉炎は歯肉の炎症のみが認められる状態です。
この段階では痛みをほとんど感じることがないため、ケアをすることもなく放置する方も多いようです。赤みを帯びた歯ぐきをブラッシングすると、まれに出血することがあります。
歯周ポケットが2mm以上の深さになり、プラークも溜まりやすいため、放っておくと炎症が進行していきます。早い段階で専門的なケアを受けることをおすすめします。
長与町・むらとみ歯科医院

軽度の歯周炎

歯肉炎から、細菌感染がさらに進行した状態が歯周炎です。
歯ぐきの腫れが増し、歯磨きの際に出血することが多くなります。歯周ポケットも3~5mmまで深くなり、歯根膜や歯槽骨の破壊も始まります。歯がグラつくように感じるのもこの頃です。
大切な歯を守るためには、歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を、ブラッシングや歯科医院でのスケーリングでしっかり取り除くことが大切です。
長与町・むらとみ歯科医院

重度の歯周炎

重度の歯周炎では歯ぐきは真っ赤に腫れあがって痛み、膿が出ます。歯周ポケットは6mm以上の深さとなり、歯根がむき出しになります。歯槽骨もほとんど破壊されているので歯は抜け落ちる寸前の状態で、膿が出て口臭もかなり強くなります。
治療は基本的に歯石を落とすスケーリングや歯周ポケット内のプラークを除去するデブライドメント、歯ぐきの中にある歯石を取り除くフラップ手術でのプラークコントロールが主になります。しかし、ここまで進行すると歯の保存は難しく、抜歯することが多くなります。
また歯槽骨や顎の骨が大きく失われている場合は、歯周組織や骨を回復させる再生治療を行います。